PR

ニュース 社会

渋谷に3・11の津波高さ表す巨大広告

ヤフージャパンは東日本大震災の津波の高さを表した広告を掲示している=1日、渋谷区
ヤフージャパンは東日本大震災の津波の高さを表した広告を掲示している=1日、渋谷区

 東京・渋谷のスクランブル交差点横のビル壁に1日、東日本大震災での津波の最高到達点16・7メートルが実感できる巨大広告が登場した。掲出したのはヤフージャパンで、14日まで。

 大震災での最大の津波は岩手県大船渡市の16・7メートル。広告には「もしここ渋谷に来ていたら、ちょうどこの高さ」と赤い線が引かれ、「時代は次へと進むけど、あの日のことは忘れないで」とメッセージを発している。

 同社は平成29年3月にも銀座のソニービルに同様の広告を掲出し、大きな反響を呼んだ。同社広報室は「平成の大きな災害からの学びを次世代に伝えるべく、若者の街である渋谷に新たな巨大広告を出させていただいた」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ