PR

ニュース 社会

希少サル5匹を密輸未遂罪 成田で発覚、男1人起訴

Messenger
検査場で見つかったスンダスローロリス=2018年4月、成田空港(東京税関提供)
検査場で見つかったスンダスローロリス=2018年4月、成田空港(東京税関提供)

 絶滅の恐れがある希少なサル5匹をタイから成田空港で密輸しようとしたとして、東京税関と千葉県警は27日、関税法違反(無許可輸入未遂)の疑いで、水戸市元吉田町の会社役員、遠藤秀則容疑者(71)ら男2人を今月7日に逮捕したと明らかにした。千葉地検は27日、同法違反罪で遠藤容疑者を起訴、残る1人は不起訴とした。理由を明らかにしていない。

 起訴状などによると、平成30年4月16日、タイから成田空港に到着した際、スンダスローロリス4匹とピグミーマーモセット1匹をスーツケース内に入れ密輸しようとしたとしている。

 東京税関成田税関支署によると、検査場で荷物を調べた際に「チッチッ」と鳴き声がし、動いたため発覚。いずれも生後1年未満で、2種5匹のうち各1匹は発見時に死んでいた。遠藤被告は「自分で飼うためだった」と供述した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ