PR

ニュース 社会

任侠関係者の車に発砲疑い 山口組系幹部を再逮捕 兵庫県警

 神戸市西区の路上に駐車中の乗用車から拳銃で撃たれたような穴が見つかった事件で、兵庫県警暴力団対策課は26日、銃刀法違反(発射)の疑いで、指定暴力団山口組傘下組織幹部の男を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は1月下旬、同区玉津町上池の集合住宅近くの路上に駐車中の車に向け、拳銃を数発発砲した疑いが持たれている。1月30日に匿名の男性から110番があり、被害が発覚した。

 車は指定暴力団任侠(にんきょう)山口組系組員の親族が所有していたとみられ、県警は暴力団同士のトラブルとみて捜査。2月上旬、発砲に使用した拳銃を所持したとして同法違反の疑いでこの男を逮捕していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ