PR

ニュース 社会

仁科亜季子さん脅し懲役2年 元暴力団組長、東京地裁

Messenger

 俳優の仁科亜季子さんを脅し現金を要求したとして恐喝未遂罪に問われた神戸市中央区の元暴力団組長、笠岡和雄被告(74)に、東京地裁立川支部は26日、懲役2年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。仁科さんは平成29年に亡くなった俳優、松方弘樹さんの元妻。

 宮本孝文裁判長は判決理由で「醜聞が表に出ては困るという弱みにつけ込んでおり、精神的苦痛は軽視できない」と指摘した。

 判決によると、元組員らと共謀し、27年5月ごろ、現金4600万円の債権を持っているとして「誠意ある返答がない場合はインターネット上に投稿する」などと書いた手紙を仁科さん宅に送り、現金を脅し取ろうとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ