PR

ニュース 社会

原発被災者の「証言」だけの映画「福島は語る」公開へ

Messenger
「言葉の力に賭けてみた」と語る土井敏邦監督(慶田久幸撮影)
「言葉の力に賭けてみた」と語る土井敏邦監督(慶田久幸撮影)

 東日本大震災から間もなく丸8年。東京電力福島第1原発事故の被災者14人の証言だけを集めた、3時間に及ぶ異色の長編映画「福島は語る」が来月2日から、都内で劇場公開される。4年にわたって製作してきた監督の土井敏邦さん(66)は「証言者の思いを記録に残そうと考え、言葉の力に賭けてみた」と語る。(慶田久幸)

 冒頭、原発事故で子供を連れて自主避難し、夫と別居を続ける母親が、夫婦の仲がうまくいかなくなったと語り出す。話が進むうちに、とめどなく流れる涙。その顔をアップで淡々と映し出す。

 撮影は平成26年に始まった。避難指示が出された飯舘村や大熊町などの住民、周辺からの自主避難者らを紹介してもらい、収録者は100人近くに上った。その中から選んだ14人に共通するのは、原発の問題ではなく、人間や自分自身を語っていることだという。

 土井さんは1人で取材する。三脚の上にカメラを固定し撮影を続け、内面の変化をとらえる。

 石材業を営む男性は、跡継ぎの次男が将来の希望を失って体調を崩し、亡くなるまでを、遠い目をしながら客観的に語るのが印象的だ。

 「息子さんが亡くなる前から取材を続けてきたが、つらいだろうと1年3カ月の間、取材を遠慮していた。思いをはき出さずにいられない男性と、聞こうとする私のタイミングがぴったり合った撮影だった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ