PR

ニュース 社会

指定薬物「シバガス」輸入の疑い 男子大学生を逮捕 神奈川県警

Messenger

 オランダから指定薬物の一酸化二窒素を輸入したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は25日、医薬品医療機器法違反(指定薬物の輸入)の疑いで、東京都町田市鶴川の大学生、松下洋介容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成29年12月17日、指定薬物である一酸化二窒素を含むガスボンベ2本を、オランダから国際郵便で輸入したとしている。

 同課によると、川崎東郵便局の横浜税関川崎外郵出張所で松下容疑者が輸入したガスボンベ計408本が発見され、押収された。1本当たり約10グラムで、今回の押収量は過去最大とみられる。

 指定薬物に指定される以前は、国内で1本約1万円の価格で取引されていたという。松下容疑者は「中国で友達に吸わせてもらって、気持ちよくなって楽しかった。日本でも使いたくなったのでネットで購入した」と供述している。

 一酸化二窒素は通称「シバガス」と呼ばれ、「自転車タイヤのガス補填(ほてん)用」として販売され、危険ドラッグの代替品として使われてきたが、平成28年2月に指定薬物に指定された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ