PR

ニュース 社会

山道12キロを暴走、道交法違反容疑で男女2人逮捕 埼玉県警

Messenger

 埼玉県警交通捜査課などは25日、埼玉県飯能市内で国道を暴走したとして、道交法違反(共同危険行為)の疑いで、埼玉県所沢市北秋津のアルバイト、小島由紀容疑者(24)と、同県ふじみ野市大原の会社員、笹島悠樹(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月23日午前0時10~20分ごろ、乗用車と軽乗用車に分かれて、飯能市内の国道299号を約12キロにわたり高速度で暴走したとしている。

 県警によると、現場は片側1車線で、カーブが連続する山岳道路。2人は指定速度40キロにも関わらず時速70~80キロで走行していたという。昨年10月ごろから「夜間に2台で競争している」などと付近住民から通報が寄せられていた。

 小島容疑者らはいずれも「走ったことは間違いないが、競争したつもりはない」と容疑を一部否認している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ