PR

ニュース 社会

大麻リキッド230本、米から密輸未遂 容疑で告発、横浜

Messenger

 大麻を液状に加工した「大麻リキッド」入りの電子たばこ用カートリッジ計230本を米国から密輸しようとしたとして、横浜税関は22日までに、関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで、千葉県成田市、合同会社代表社員、石井裕樹容疑者(30)を横浜地検に告発した。21日付。税関によると、押収量としては異例の多さという。

 石井容疑者は今年1月以降、大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室に2回逮捕されている。

 ヘッドホンの箱の中にカートリッジを隠していたが、横浜税関川崎外郵出張所の職員が検査で発見した。税関は販売目的だったとみて調べる。

 告発容疑は昨年6~7月、国際郵便で3回にわたり、米国から大麻リキッド計約211グラムが入ったカートリッジ計230本を密輸しようとした疑い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ