PR

ニュース 社会

日本紙パルプの子会社、産廃を不適正処理

Messenger

 日本紙パルプ商事は22日、木質バイオマス発電を行う岩手県の子会社が産業廃棄物である地盤改良材の不適正処理を行っていたと発表した。産業廃棄物の撤去などを自治体と協議して進める。

 日本紙パルプ商事によると、地盤改良材はバイオマス発電で出た灰を原料としたもので、子会社の野田バイオパワーJP(岩手県野田村)が福島県と山形県の業者に販売し、購入業者が宮城県でも使用するなどしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ