PR

ニュース 社会

野田小4死亡、県の第三者委初会合 柏児相の対応を検証

千葉県の第三者委員会の初会合後、会見する川崎二三彦委員長=21日、千葉県庁(永田岳彦撮影)
千葉県の第三者委員会の初会合後、会見する川崎二三彦委員長=21日、千葉県庁(永田岳彦撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、県柏児童相談所の対応などを検証する県の第三者委員会の初会合が21日、県庁で開かれた。柏児相による一時保護解除の判断やその後の見守りのあり方などを中心に問題点を洗い出し、再発防止策をまとめる。

 会議の冒頭、森田健作知事は「県の対応の問題点をしっかり検証し、徹底的な究明を通じて再発防止を実施していく」と強調。委員に詳細な検証と具体的な再発防止策を求めた。

 その後、会議は非公開となり約1時間半行われた。第三者委は学識経験者や弁護士、医療関係者ら8人で構成。委員長は児童虐待問題の専門家養成に取り組む「子どもの虹情報研修センター」(横浜市)の川崎二三彦センター長が務める。

 終了後に会見した川崎委員長は「3月をめどに、なるべく早く次回の委員会を開催し、あわせて関係機関のヒアリングも行いたい」と話した。今後、月1回程度をめどに委員会を行うとしている。

 柏児相は、心愛さんが学校アンケートで父親の勇一郎容疑者(41)からの暴力を訴えた翌日の平成29年11月7日に心愛さんを一時保護し、親族宅での生活を条件に12月27日に一時保護を解除。30年2月、心愛さんに書かせたとみられる「叩かれたというのは嘘」との書面を勇一郎容疑者に見せられ、押し切られる形で自宅に帰す決定をしたことなどに批判が出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ