PR

ニュース 社会

手術後のわいせつ被害は「せん妄可能性」 東京地裁、男性医師に無罪

Messenger
東京地裁=東京・霞が関
東京地裁=東京・霞が関

 手術後の女性患者の胸をなめるなどしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師(43)の判決公判が20日、東京地裁で開かれた。大川隆男裁判長は「女性は『せん妄』に伴う幻覚を体験した可能性がある」として無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。

 せん妄は、認知能力が一時的に低下し、意味不明な言葉を発したり現実感を伴う幻覚を見たりする状態。

 大川裁判長は「麻酔薬の影響でせん妄状態になり性的幻覚が生じうる」とする医師らの証言を検討。女性の証言を「具体的で一貫性もある」とする一方、手術に多量の麻酔薬を使ったことなどから「せん妄に陥りやすい状態だった」と指摘し、証言の信用性に疑問を呈した。

 検察側は、女性の胸から被告のDNA型を含む唾液と口腔(こうくう)内細胞が検出されたとする鑑定結果を有罪立証の柱としていた。しかし判決では「会話や触診で付いた可能性が排斥できない」とし、「事件性に疑いがある」と結論づけた。

 医師は平成28年5月、東京都足立区の病院で、執刀した女性患者の胸をなめたなどとして起訴された。

 判決後に会見した医師は「身体拘束され、社会的信頼を失った」と話した。支援した東京保険医協会の佐藤一樹理事は「術後せん妄の症例報告はあったが、現場のさじ加減で対応してきた」と述べ、指針などを策定する必要性を示唆した。

 女性も会見し、「せん妄状態ではなく事件は本当に起こった。また私のような被害者が出る」と怒りをにじませた。東京地検の久木元(くきもと)伸次席検事は「判決内容を十分検討して適切に対処したい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ