PR

ニュース 社会

SNSで集団暴行動画拡散 新潟県警が被害生徒から聴取

Messenger
生徒らによる集団暴行動画が拡散したとみられる新潟青陵高校=19日、新潟市中央区(太田泰撮影)
生徒らによる集団暴行動画が拡散したとみられる新潟青陵高校=19日、新潟市中央区(太田泰撮影)

 私立新潟青陵高校(新潟市中央区)1年の男子生徒2人が、同級生らから集団で暴行されている動画がSNS(会員制交流サイト)で拡散されていることが19日、分かった。同校が明らかにした。新潟県警少年課は傷害事件の可能性があるとして、被害生徒らに対する事情聴取を始めた。同課は「全容解明に向けて捜査する」としている。

 SNSでは、同校の男子生徒2人を複数の生徒らが取り囲み、棒のようなものでたたいたり蹴ったりする様子が公開されていたほか、「こいつ、元々殴られたみたいな顔している」「めっちゃ血出てんじゃん」という声もあった。

 同校によると、動画は15日の放課後、市水族館マリンピア日本海(同区)近くの海岸で撮影され、現場には被害生徒2人を除いて9人がいた。被害生徒は膝や背中に痛みを訴えているという。

 学校関係者からの連絡を受け、同校が17日、動画の存在を確認。現場にいた生徒から聞き取り調査を実施した上で、18日の全校集会で動画内容などの事実関係について説明した。今後、保護者に対しても説明の場を設けるという。

 同校の羽田春喜校長は「被害を受けた生徒の心のケアをして、生徒全体に対しても今後どのように指導していくか考えたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ