PR

ニュース 社会

線路に発炎筒投げ入れ 容疑の男子高校生を逮捕 東京・八王子

Messenger

 線路に着火した発炎筒を投げ込んだとして、警視庁高尾署は威力業務妨害容疑で、東京都八王子市の高校1年の男子生徒(16)を逮捕した。調べに「インターネットで発炎筒を線路に投げて電車を止める映像を見て、自分も試してみた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は9日午前7時25分ごろ、同市東浅川町の路上からJR中央線の線路に火が付いた発炎筒を投げ入れたとしている。

 同署によると、男子生徒は線路から約12メートル離れたフェンス越しに発炎筒を投げ入れた。発炎筒は敷地内の線路手前に落下したため、通過した電車の運行に影響はなかった。

 通行人が110番通報し、周辺の防犯カメラの画像などから男子生徒が浮上した。男子生徒はネットで発炎筒10本を購入していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ