PR

ニュース 社会

クボタ社員、首切られ負傷 派遣の男関与か、茨城

Messenger

 17日午後10時ごろ、茨城県つくばみらい市坂野新田の大手機械メーカー「クボタ」の研修センター敷地内で、40代の男性社員が刃物のようなもので首を切り付けられ、けがをしているのが見つかった。命に別条はなく、常総署は殺人未遂の疑いで調べている。

 敷地内の車から40代の派遣社員の男が首から出血して意識不明の状態で見つかっており、県警は派遣社員が男性社員を襲った後に自殺を図った可能性があるとみて、回復を待って事情を聴く方針。

 県警によると、車は派遣社員の名義で、中から複数の刃物が見つかった。2人は夜勤で一緒に作業をしていた際、休憩中に喫煙所で口論となり、もみ合いになったとみられる。切られた社員は派遣社員を指導する立場にあったという。別の社員が、けんかをしてけがをしていると119番した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ