PR

ニュース 社会

無許可で花火打ち上げ 容疑の男性会社員書類送検

Messenger

 必要な許可を受けず、名古屋市の住宅地で花火を打ち上げたとして、愛知県警天白署は15日、火薬類取締法違反の疑いで同県豊田市の男性会社員(27)を書類送検した。

 同署によると、男性は「食事に行った店が営業最終日と知り、盛り上げようと思った」と供述。花火は最大のものが2・5号玉(直径6~9センチ)で、高さ約130メートルまで上がり、直径約80メートルまで広がる威力があった。打ち上げる場合、市の許可が必要だった。

 書類送検容疑は昨年10月20日夜、名古屋市天白区の飲食店敷地で、花火58個を打ち上げたとしている。火災の発生やけが人はなかった。

 男性は河川敷で使うために花火を購入、車に積んでいた。近隣住民から110番通報があったが、天白署員が現場に駆け付けた際、男性は既に帰宅、翌日自ら同署に連絡して名乗り出たという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ