PR

ニュース 社会

東京高裁も福島視察へ 6月、原発避難者訴訟

Messenger

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審の口頭弁論が15日、東京高裁で開かれ、白井幸夫裁判長は福島県内を6月に視察すると決めた。住民側は1審千葉地裁でも求めていたが実施されなかった。

 原告弁護団によると、原発避難者訴訟で、高裁の裁判官が現地を視察するのは仙台高裁に続き2例目という。

 住民側は福島県の飯舘村、南相馬市、浪江町、双葉町の自宅やその周辺地域を視察するよう求めている。具体的な日時や場所は今後決まる。

 平成29年9月の1審千葉地裁判決は、国の責任を認めなかった一方、自主避難の4人を含む17世帯42人に対する計約3億7600万円の賠償を東電に命じた。住民側と東電の双方が控訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ