PR

ニュース 社会

神奈川・葉山保険金放火 被告夫「親戚からいじめ」

Messenger
全焼した男性宅の跡地=平成29年11月、神奈川県葉山町(王美慧撮影)
全焼した男性宅の跡地=平成29年11月、神奈川県葉山町(王美慧撮影)

 神奈川県葉山町で平成28年3月、義理の父親らが住む家に火を付けて火災保険金をだまし取ろうとしたなどとして、現住建造物等放火や同幇助(ほうじょ)などの罪に問われた石川玉華(ようか)被告(51)と息子の峰男被告(28)の裁判員裁判の公判は14日、検察側が玉華被告に懲役12年、峰男被告に同8年を求刑し、結審した。玉華被告は放火について認める一方、「保険金目的ではない」と主張。出廷した夫も「親戚(しんせき)からいじめられており、それが原因かもしれない」と証言した。事件の裏側には何があったのだろうか。

 公判で争われたのは、放火したのは人が居住する「現住建造物」に当たるか▽放火は保険金目的なのか-の2点。舞台となった住宅は放火の2日前の22日、ボヤに見舞われていた。

現住建造物か否か

 検察側はボヤの後、玉華被告らが埼玉県川口市の峰男被告宅に避難した一方、荷物の大部分は残されていたことなどから、修理などが済めば「住むつもりだった」と、住宅は現住建造物であったと主張。犯行動機についても、玉華被告が放火前、不動産業者に対して保険金で賄える範囲の「3千万円程度なら現金一括払いができる」と物件を探していたと明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ