PR

ニュース 社会

外国人女性狙った可能性 医学部生「腹が立った」

Messenger

 JR鶯谷駅そばのホテルでタイ人女性が殺害された事件で、昭和大医学部生の四十宮直樹容疑者(20)が逮捕前の事情聴取に「外国人女性が風俗で働き、時給が高いことに腹が立って殺そうとした」などと話していたことが14日、警視庁下谷署への取材で分かった。

 事前に凶器を準備した疑いも浮上。同署は計画的に外国人女性を狙った可能性があるとみて詳しく調べている。

 下谷署によると、事件当日は大学の授業に出席した後、凶器とみられる工具を購入してからホテルを訪れていたという。

 下谷署は今月9日、殺人の疑いで四十宮容疑者を逮捕した。逮捕容疑は昨年12月18日、東京都台東区のホテルで、タイ人の女性=当時(19)=を暴行し殺害したとしている。

 逮捕後は「棒で強くたたきすぎたが殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ