PR

ニュース 社会

病院で出火、1人死亡 入院患者か 長野・飯田

Messenger

 14日午前4時20分ごろ、長野県飯田市の「菅沼病院」から119番があった。飯田署などによると、2階の病室1室の約13平方メートルを焼き、約40分後に消えた。同室から入院患者とみられる1人の遺体が発見された。署が身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 病院によると、焼けた病室には、1月から90代女性が心不全と肺炎で入院していた。「女性が持ち込んだ電気毛布が出火原因の可能性がある」と説明している。出火当時、約30人が入院しており、この90代女性以外は1階のリハビリ室に避難。病院職員らを含め、全員無事だった。

 地元消防によると、病院の火災警報装置が作動し、自動で119番された。延焼はなかった。病院は「亡くなった方のご家族におわび申し上げる。原因が分かり次第、再発防止に努める」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ