PR

ニュース 社会

昨年の高齢運転者死亡事故は460件 全体の13%

Messenger

 警察庁は14日、平成30年の交通死亡事故が3449件(前年比181件減)に上り、このうち75歳以上の高齢運転者による死亡事故は460件(同42件増)で、全体の13・3%(同1・8ポイント増)を占めたと発表した。交通事故の総死者数は3532人(同162人減)、人口10万人当たりでは2・79人(同0・12人減)で、事故件数とともにいずれも3年連続で減少した。

 高齢運転者による死亡事故460件のうち、80歳以上は同17件増の252件。30年12月末時点での75歳以上の免許保有者は563万8309人(前年同期比24万2997人増)、80歳以上は226万5107人(同5万4094人増)だった。

 死亡事故を免許人口10万人当たりでみると、75歳以上は8・2件(前年比0・5件増)で24年以来6年ぶりに増加。80歳以上は11・1件(同0・5件増)で4年ぶりに増え、それぞれ75歳未満の3・4件(同0・3件減)の約2~3倍となった。

 460件の事故類型は、車同士の「車両相互」が43・9%、ガードレールへの衝突や水路への転落など「車両単独」が38・3%、横断中の人をはねるなど「人対車両」が16・3%だった。車両相互は出合い頭衝突と正面衝突が7割以上を占めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ