PR

ニュース 社会

小4女児死亡 浴室の床に顔打ち付ける 顔の打撲や胸部骨折 父を再逮捕

Messenger
栗原勇一郎容疑者(フェイスブックから)
栗原勇一郎容疑者(フェイスブックから)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、県警は14日、昨年末ごろにも心愛さんに暴行してけがを負わせたとして、父親の勇一郎容疑者(41)を傷害容疑で再逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 再逮捕容疑は昨年12月30日~今年1月3日ごろ、心愛さんの両腕をつかんで体を引きずったり、顔を浴室の床に打ち付けたりして、顔の打撲や胸骨骨折などのけがを負わせたとしている。

 捜査関係者によると、妻のなぎさ容疑者(32)はこの頃、勇一郎容疑者が暴行していたことを把握していたとみられる。県警は、心愛さんの顔にあざができたことから、両容疑者が周囲に虐待を疑われることを恐れ、冬休み明け以降、心愛さんを小学校に登校させなかった可能性があるとみて、調べを進めている。

 勇一郎容疑者となぎさ容疑者は1月24日、自宅で心愛さんに冷水のシャワーをかけたり、首をわしづかみにしたりしてすり傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕された。心愛さんは同日、自宅浴室で死亡しているのが見つかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ