PR

ニュース 社会

「リスク評価不十分では」厚労省虐待専門委、小4死亡

Messenger
厚労省の児童虐待に関する専門委員会であいさつする大口善徳副大臣=13日午後
厚労省の児童虐待に関する専門委員会であいさつする大口善徳副大臣=13日午後

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件を受け、厚生労働省の児童虐待に関する専門委員会が13日、千葉県や野田市の担当者を招き、ヒアリングを実施。終了後、委員長を務める山県(やまがた)文治関西大教授は、虐待リスクを判断するアセスメント(分析評価)について「十分行われていなかった部分がありそうだ」と述べ、県柏児童相談所など関係機関の対応を検証するよう自治体側に求めた。

 心愛さん一家が以前住んでいた沖縄県糸満市と同県児相も出席。それぞれの自治体は今後、事件の検証を進める方針で、専門委としても自治体の検証に関与していくという。

 山県氏は、柏児相が長期間、家庭訪問や面談など直接心愛さんに会うための対応をしていなかったことも疑問視。「(子供を)直接目視するという原則があるのに、児相がお子さんの顔を見ていない状況が長い。その問題を調べてほしい」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ