PR

ニュース 社会

弁護士会元会長が和解金流用か 山梨

Messenger

 綱紀委で懲戒にあたる事実が確認されれば、厳重に処分するとしている。

 甲光(こうみつ)俊一会長は「弁護士としてあるまじき行為。迅速に調査し、厳重に処分する」と述べた。「弁護士としての責任感と倫理意識を一層高める努力を重ねる」としている。

 平出弁護士は昭和39年に法曹資格を取得後、同年に県弁護士会に所属。主に民事訴訟を扱い、昭和56年4月から1年間、弁護士会の会長を務めた。ある弁護士は「ここ数年会っていない」と話した。

 平出弁護士の事務所兼自宅の近所の女性(72)は「穏やかな人なのでびっくりした。ここ1週間は家の出入りがない感じです」と驚いた様子だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ