PR

ニュース 社会

横浜で偽一万円札を使用 容疑で男3人再逮捕

 偽造された一万円札を使用したとして、神奈川県警捜査2課は12日、偽造通貨行使容疑で、横浜市神奈川区のアルバイト、大塚優被告(22)=別の偽造通貨行使罪で起訴=ら男3人を再逮捕した。認否を明らかにしていない。

 他に再逮捕されたのは、住所不定、無職、吉田慎毅郎容疑者(20)=別の偽造通貨行使容疑で逮捕、処分保留=と、同市保土ケ谷区の無職、田中元人容疑者(21)=同。

 3容疑者の逮捕容疑は共謀し、昨年8月中旬、同区と同市神奈川区のコンビニエンスストア2店で、百数十円の飲料などを購入する代金として、それぞれ偽造された一万円札を渡し、1万9千円以上の釣り銭を受け取ったとしている。

 同課によると、この2つの区を含む市内4区のコンビニでは同じ頃、偽造一万円札が使用される事件が20件余り発生していた。同課は大塚容疑者らの犯行とみて、捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ