PR

ニュース 社会

「出るくいは打たれる」国税批判、料金巡り訴訟も 青汁王子

Messenger
三崎優太容疑者
三崎優太容疑者

 脱税の疑いで12日、東京地検特捜部に逮捕されたメディアハーツ社長の三崎優太容疑者(29)は、インターネット上で高所得をアピールし、取材に「国税の調査は『出るくいは打たれる』の一環だ」と批判していた。同社が売り出した青汁は若者を中心に人気を集めたが、料金表示を巡り訴訟も起こされている。

 共同通信の取材に脱税を否定した上で「(国税当局が)締め付けたりいじめたりして、優秀な高所得者が海外へ流出している」と持論を展開。日本に納税したくないとの理由で、昨年12月に居住地を地中海のマルタへ移したという。

 北海道出身。18歳でメディア社を起業し、高齢者向けのイメージが強かった青汁を若者に浸透させ「青汁王子」とも呼ばれた。

 一方で消費者トラブルも。青汁の販売サイトに掲載された契約料金が実際より安く、消費者が誤認する恐れがあるとして、消費者団体が是正を求めて名古屋地裁に提訴している。三崎容疑者は取材に「国民生活センターのガイドラインに沿って改善している」と説明していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ