PR

ニュース 社会

読売新聞支局長が飲酒運転 懲戒処分、茨城

Messenger

 読売新聞日立支局(茨城県日立市)の男性支局長(52)が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で茨城県警に摘発されていたことが10日、読売新聞への取材で分かった。同社は8日、支局長を休職2カ月と記者職から外す懲戒処分にした。

 同社によると、支局長は1月28日深夜に自宅で缶ビール1本と日本酒2合を飲んだ後、コンビニへ行くため乗用車を運転。29日午前1時25分ごろ、日立市内の路上で県警のパトカーに停止を求められ、呼気から基準値を超すアルコールが検出されたという。

 同社は「許されない行為で、厳正に処分した。再発防止に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ