PR

ニュース 社会

ホテルでタイ人女性に暴行 殺人容疑で医学部生を逮捕

Messenger

 昨年12月にホテルでタイ国籍の女性に暴行を加え、殺害したとして、警視庁下谷署は9日、殺人の疑いで、千葉県船橋市前貝塚町の昭和大医学部生、四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)を逮捕した。同署によると、「棒で強くたたきすぎて女性が亡くなったが、殺すつもりはなかった」と供述している。

 逮捕容疑は昨年12月18日、台東区根岸のホテル5階の部屋で、同区の派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん=当時(19)=に殺意を持って暴行を加え、同19日に入院先の病院で死亡させたとしている。

 四十宮容疑者は暴行後、部屋の窓から飛び降り、頭の骨を折るなどの重傷で入院していた。

 セーンネさんの頭部に複数の傷があり、室内にあった四十宮容疑者のリュックサックからセーンネさんの血がついた工具が見つかった。四十宮容疑者は秋葉原で工具を買ってからホテルに向かったとされ、同署が詳しい経緯を捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ