PR

ニュース 社会

川内原発事故想定し5千人規模の訓練 鹿児島

Messenger
避難訓練で九電の手配したバスに乗り込む保育園児=9日午前、鹿児島県薩摩川内市
避難訓練で九電の手配したバスに乗り込む保育園児=9日午前、鹿児島県薩摩川内市

 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で重大事故が発生したとの想定で、鹿児島県と原発周辺自治体が9日、防災訓練を実施した。平成27年に再稼働して以降4回目で、今回は過去最大の5千人規模。国や事業者との連絡体制や、住民らの避難手順を確認するのが主な目的だ。

 訓練は、薩摩半島西方沖を震源とする震度7の地震が発生し、放射性物質の放出や外部電源の喪失、炉心損傷が起きたと想定。30キロ圏の県内9市町の住民がバスや自家用車で指定された避難先へ移動した。

 薩摩川内市にある私立の水引保育園では、園児9人が職員の誘導で九電の手配したバスに急ぎ足で乗り込み、鹿児島市内の県立図書館へと避難した。

 県は訓練から得られた教訓を基に、避難計画を見直し、災害対策の充実、強化を図る考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ