PR

ニュース 社会

逮捕の母「1カ月外出させず」 小4女児死亡

Messenger
送検のため、千葉県警松戸署を出る栗原なぎさ容疑者=5日午前10時4分
送検のため、千葉県警松戸署を出る栗原なぎさ容疑者=5日午前10時4分

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、県警が傷害容疑で逮捕した母親のなぎさ容疑者(31)が「娘は夫から繰り返し暴力を受けており、夫に『外に出すな』と言われ、1カ月ほど外出させていなかった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。心愛さんは今年に入って一度も登校しておらず、県警は周囲に虐待が発覚するのを恐れて外出させなかったとみて調べている。

 心愛さんが通う小学校には、始業式があった1月7日に父親の勇一郎容疑者(41)=同容疑で逮捕=が「娘は沖縄。1週間ほど休む」と連絡。同11日にも「1月いっぱい休ませ、2月4日から登校する」と伝えていた。

 なぎさ容疑者は「夫から言われて娘に食事を与えないことがあった。事件当日も食事を食べさせなかった」とも供述。司法解剖では、心愛さんの胃から内容物が検出されなかったという。

 勇一郎容疑者による心愛さんへの暴力については「娘が夫から暴力を受ければ、自分は暴力を受けずに済むと思った。暴力を止められなかったことを反省している」と説明。なぎさ容疑者は、勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとされ、県警は自身への暴力を免れるために娘への暴行を黙認していたとみている。

 県警は5日、なぎさ容疑者を送検した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ