PR

ニュース 社会

母親に凄惨な虐待を黙認させた「暴力の支配」 小4死亡

Messenger
千葉県警松戸署に移送された栗原なぎさ容疑者(中央)=4日午後
千葉県警松戸署に移送された栗原なぎさ容疑者(中央)=4日午後

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、県警が傷害の疑いで逮捕した母親のなぎさ容疑者(31)が、心愛さんが死亡した1月24日、父親の勇一郎容疑者(41)=同容疑で逮捕=と共に「午前中から自宅にいた」と逮捕前の任意聴取に話していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は24日の「午前10時ごろからしつけで休ませずに立たせた。悪いことをしたとは思っていない」と供述。県警は、なぎさ容疑者が勇一郎容疑者を制止せず、黙認していたとみて詳しい状況を調べる。勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報も把握。暴行に積極的に加わってはおらず、従属的立場だったとみている。

× × ×

 目の前で繰り広げられる勇一郎容疑者の凄惨(せいさん)な虐待を、妻のなぎさ容疑者はなぜ黙認していたのか-。背景には、なぎさ容疑者自らも夫から「暴力の支配」を受けていた実態が浮かぶ。こうした黙認のケースは過去にも繰り返されており、専門家は関係機関の情報共有と連携を訴える。

 なぎさ容疑者は、死亡した心愛さんへの暴行を黙認した疑いがあるほか、勇一郎容疑者の“異常な行動”にも手を貸したとされる。

 柏児童相談所が平成29年12月27日に心愛さんの一時保護を解除。勇一郎容疑者が30年1月12日、千葉県野田市の学校側に「暴力がなかった証し」と苦情を訴え、心愛さんが父の暴行を訴えた学校アンケートの回答を見せるよう要求した際、なぎさ容疑者も同席していた。

 さらに同15日の交渉の場で、勇一郎容疑者が市教委に提示した学校アンケート公開に関する同意書を、なぎさ容疑者が心愛さんの自筆だと証言。アンケートのコピーが勇一郎容疑者の手に渡る後押しをした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ