PR

ニュース 社会

雪像崩れ70歳男性が下敷き、重体 十日町雪まつり現場

Messenger

 4日午後1時40分ごろ、新潟県十日町(とおかまち)市学校町の「十日町雪まつり」の雪上カーニバル開催予定地で「雪が崩れて人が埋まっているようだ」と地元消防に通報があった。雪像づくりをしていた男性2人が崩れた雪の下敷きとなり、同市妻有町(つまりちょう)西の職業不詳、渡辺安男さん(70)が意識不明の重体、同市に住む40代会社員が肩や足に軽傷を負った。

 県警十日町署などによると、崩れた雪像は15日から3日間の日程で開かれる雪まつりのためのもので、高さは約10メートル。同市から出土した国宝の「火焔(かえん)型土器」をモチーフにしていた。

 この日は20~30人が現場で雪像づくりをしていたが、渡辺さんら2人は雪像の下で重機を指示していた。同署は、気温が暖かく、朝から雨が降っていたことなどが影響して雪が崩れた可能性があるとみて詳しい原因を調べている。

 雪まつりの実行委員会は「現時点で雪まつり自体を中止する予定はないが、雪上カーニバルは未定だ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ