PR

ニュース 社会

EEZ内航行の中国漁船が逃走 船長を逮捕 横浜海保

Messenger
EEZ内を航行していた中国漁船(手前)。海保の巡視船(奥)から約2時間にわたって逃走を続けた(横浜海上保安部提供)
EEZ内を航行していた中国漁船(手前)。海保の巡視船(奥)から約2時間にわたって逃走を続けた(横浜海上保安部提供)

 日本の排他的経済水域(EEZ)内で停船命令に従わず逃走したとして、横浜海上保安部は2日、EEZ漁業法違反(立入検査忌避)の現行犯で、中国籍漁船の船長、陳文挺(チェン・ウェンティン)容疑者(40)を逮捕した。

 海保によると、2日午前8時ごろ、東京都小笠原村母島東側の日本のEEZ内を航行する同船を海保の巡視船が発見。同25分に停船命令を出したが逃走した。

 漁船は約2時間にわたり逃走を続けたが午前10時半ごろ、母島の東南東約326キロの海上で停船したため立ち入り検査を実施、陳容疑者を逮捕した。漁船には陳容疑者を含め11人の中国人船員が乗り込んでいたという。

 海保によると、船の形状からサンゴ漁の漁船とみられ、詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ