PR

ニュース 社会

女子大生、事件当夜「男とトラブル」と近隣住民に 茨城の遺棄容疑

Messenger
警視庁亀有署を出る広瀬晃一容疑者=31日午後(フジテレビプライムニュースイブニングから)
警視庁亀有署を出る広瀬晃一容疑者=31日午後(フジテレビプライムニュースイブニングから)

 昨年11月から行方不明となっていた東京都葛飾区の日本薬科大1年、菊池捺未(なつみ)さん=当時(18)=が茨城県内で遺体で見つかった事件で、菊池さんが事件当日夜、「男性とトラブルになっている」などと近隣住民に話していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課はトラブルの相手が死体遺棄容疑で逮捕した同県神栖(かみす)市深芝南の無職、広瀬晃一容疑者(35)だったとみて経緯を調べている。

 捜査1課は同日、広瀬容疑者を送検した。

 また、広瀬容疑者が事件後に自分の携帯電話のデータを消去していたことも判明。捜査1課は菊池さんとの通信履歴を消すなど証拠隠滅を図ったとみて、携帯電話を押収してデータの復元を進めている。

 捜査関係者によると、広瀬容疑者は昨年11月20日夕方、自宅アパート近くのコンビニエンスストア付近まで菊池さんを迎えに行き、目隠しをさせて車に乗せ、自宅アパートへ連れ込んだという。捜査1課は自宅の場所を知られないようにしたとの見方を強めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ