PR

ニュース 社会

野田小4死亡、アンケート回答全文判明「先生、どうにかできませんか」

Messenger
野田市教育委員会が平成29年11月に実施したいじめに関するアンケート(同市提供)
野田市教育委員会が平成29年11月に実施したいじめに関するアンケート(同市提供)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんが平成29年11月に回答した学校アンケートの全文が31日、分かった。

 心愛さんはアンケートの自由記入欄に「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。」と書いていた。

 このほか、選択式の設問があり、「あなたは今いじめられていますか」との質問に「はい」、「いじめを誰から受けましたか」との質問に「家族」などと回答。いじめの内容を問う設問では、9つの例のうち(1)いやなことを繰り返し言われたり、怖い言葉で言われたりする(2)思い切りぶつかられたり、たたかれたり、蹴られたりする(3)いやなことや恥ずかしいこと、危ないことをされたり、させられたりする(4)その他-を選択し、(4)に「ぼう力を受けている」と記入していた。

 野田市が同日の記者会見で明らかにした。

 心愛さんはこの後の29年11月7日に県柏児童相談所に一時保護され、保護解除後の30年1月に死亡時に通っていた同市内の別の市立小に転校した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ