PR

ニュース 社会

「厚労省は回っていない」自民厚労部会で小泉部会長が苦言 

Messenger
不適切処理が見つかった賃金構造基本統計調査をめぐり厚生労働省の対応を批判する自民党の小泉進次郎厚労部会長=31日午前、自民党本部(森光司撮影)
不適切処理が見つかった賃金構造基本統計調査をめぐり厚生労働省の対応を批判する自民党の小泉進次郎厚労部会長=31日午前、自民党本部(森光司撮影)

 自民党は31日午前、厚生労働部会(小泉進次郎部会長)を開いた。不適切な処理を行っていた厚労省の基幹統計「賃金構造基本統計」調査の実態解明が進んでいないことに対し、出席者から「いつから、だれの責任でどうしたのか。入り口からできていない」などの批判が相次いだ。

 小泉氏は部会後、記者団に「一言で言うと厚労省は回っていない。なぜ基本的なことさえ解明できないのか。全く理解できない。全体のガバナンスが効いていないのが相当あらわになっており、不安を覚える」と述べた。

 同統計の調査計画では調査員が調査票を配布、回収すると定めているが、実際はほぼ全ての事業者に対し郵送で調査をしていた。また、調査対象のうち「バー、キャバレー、ナイトクラブ」を除外していた。

 この問題をめぐっては、厚労省が有識者会議で虚偽の説明をしていた疑いが出ている。「郵送調査」をしていたにもかかわらず、「調査員調査」を行っているとの資料を提出していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ