PR

ニュース 社会

茨城県内で不明女子大生の遺体を発見 死体遺棄容疑で逮捕 35歳男を

Messenger
行方不明の女子大生とみられる遺体が発見された現場付近を調べる捜査員ら=31日午前、茨城県神栖市(共同通信社ヘリから)
行方不明の女子大生とみられる遺体が発見された現場付近を調べる捜査員ら=31日午前、茨城県神栖市(共同通信社ヘリから)

 昨年11月から東京都葛飾区の女子大学生=当時(18)=が行方不明となっている事件で、警視庁捜査1課は31日、任意で事情を聴いていた男の供述に基づき、茨城県神(かみ)栖(す)市内の畑付近を捜索し、遺体を発見した。捜査1課は死体遺棄容疑で同市深芝南の無職、広瀬晃一容疑者(35)を逮捕した。

 捜査1課は同日、遺体が行方不明になっていた日本薬科大1年、菊池捺(なつ)未(み)さんと確認。広瀬容疑者は調べに対し、「(インターネットの)掲示板で知り合った女性に騒がれ、車の中で殺してしまった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は昨年11月20日ごろ、神栖市須田の土中に遺体を遺棄したとしている。広瀬容疑者はこれまで「自宅前で会ったが、すぐに帰った」と話していたが、1月30日午後6時半ごろから「遺体を埋めた」と供述を始め、同庁が31日午前、遺体を見つけた。

 遺体に目立った外傷はなく、捜査1課は今後、司法解剖し死因を調べる。広瀬容疑者は菊池さんの携帯電話やバッグなどを川に捨てたと供述。周辺で昨年11月に菊池さんのものとみられるコートなどの衣服が見つかり、県警に届けられていた。=27面に「ネット接点」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ