PR

ニュース 社会

大学病院で女性患者にわいせつ行為 容疑の元歯科医を再逮捕 横浜

Messenger

 治療に乗じて女性にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警鶴見署は30日、準強制わいせつ容疑で、横浜市青葉区あざみ野の元歯科医師で無職、梅本寛之被告(29)=別の準強制わいせつ罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は昨年12月1日午後2時ごろ、当時勤務していた同市鶴見区鶴見の鶴見大学歯学部付属病院で、区内に住む30代の女性会社員に対して、治療中にわいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、梅本容疑者は治療中に別の女性にわいせつな行為をしたとして、7日に逮捕され、25日に起訴されている。梅本容疑者は取り調べのなかで「他にもやった」などと犯行を自供。女性会社員は治療台であおむけになり、目をタオルで覆われて治療を受けていたため、わいせつ行為をされたことに気付いていなかったが、同署が事情を聴いたところ、事態を認識したという。

 同大学は、18日付で梅本容疑者を懲戒解雇した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ