PR

ニュース 社会

茨城・那珂市の男性殺人 被告の女に懲役18年判決 水戸地裁

Messenger

 平成29年6月に知人男性を殺害し、財布を盗むなどしたとして、殺人や窃盗などの罪に問われた茨城県那珂市菅谷の理容業、佐藤和枝被告(57)に対する裁判員裁判の判決公判が28日、水戸地裁で開かれ、小笠原義泰裁判長は、求刑通り懲役18年を言い渡した。

 小笠原裁判長は判決理由で「被告人は、被害者から横領の事実を疑われている自覚があった」と指摘し、「保身のために落ち度のない被害者を殺害し、金銭トラブルを動機とする殺人の中でも悪質といえる」と述べた。

 殺人を否定する弁護側の主張には「突然死の可能性は抽象的で、被告人には殺害動機があった」などの理由を述べ、「自宅兼理容店内で2人きりのときに、被害者が突然死する偶然は考えにくい」と退けた。

 判決によると、佐藤被告は29年6月、自身が経営する同市菅谷の自宅兼理容店内で、知人の無職、島津一春さん=当時(89)=の首を絞めて殺害し、近くに埋めたほか、現金約26万円が入った島津さんの財布を盗むなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ