PR

ニュース 社会

容疑者「まじめでおとなしい性格」 埼玉の女性切り付け事件

Messenger
会見する前橋市の山本龍市長(中央)=24日、前橋市役所(糸魚川千尋撮影)
会見する前橋市の山本龍市長(中央)=24日、前橋市役所(糸魚川千尋撮影)

 さいたま市大宮区で23日、埼玉県春日部市の会社員、金井貴美香さん(22)を包丁で切り付け死亡させたとして、埼玉県警大宮署に殺人未遂の疑いで逮捕された前橋市道路管理課の技師、鳥山裕哉(ゆうや)容疑者(25)。前橋市によると、鳥山容疑者は昨年4月に入庁し、採用試験通過後に大学を中退したという。事件があった23日は通常通り出勤し、昼食後に体調不良を訴えて午後1時15分ごろに早退した。「まじめでおとなしい性格」で勤務態度に問題はなかったという。

 24日、記者会見した山本龍市長は「家族やたくさんの方々に深い悲しみを与え、おわびする。信頼を裏切ることになり残念だ」と頭を下げた。

 一方、殺害された金井さんは昨年3月まで、群馬県高崎市の高崎経済大に在籍。入学と同時に、英語研究部で熱心に活動に取り組んでいた。顧問の石渡華奈准教授は「凛(りん)として穏やかにいつもニコニコしている学生だった」と振り返り、事件について「信じられないのひと言。今の仕事を満足できるまで頑張り、いずれ英語を生かした仕事に就きたいと話していたのに…」と声を詰まらせた。

 サークルでは、上級生から「キミカリン」、下級生からは「貴美香さん」と呼ばれて慕われた。4年生のときには全国学生英語プレゼンテーションコンテストで奨励賞を獲得。卒業時には優秀な学生を対象にした学長賞も贈られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ