PR

ニュース 社会

駐在所で警官襲われ負傷 富山大生の男逮捕 殺人未遂容疑

警察官が襲われ負傷した富山西署池多駐在所付近を調べる捜査員=24日午後4時10分、富山市
警察官が襲われ負傷した富山西署池多駐在所付近を調べる捜査員=24日午後4時10分、富山市

 24日午後3時ごろ、富山市池多の富山西署池多駐在所で山本宏樹巡査部長(30)が刃物などを持った男に襲われ、頭に軽傷を負った。同巡査部長が男を取り押さえ、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。男は同市五福、富山大生、前田将輝容疑者(22)で容疑を認めているという。同署は動機などを調べる。

 富山県警によると、前田容疑者は落とし物を届ける名目で駐在所を訪れ、応対し書類を作成していた山本巡査部長の頭を突然ハンマーで殴り、持っていたナイフのような刃物で顔などを切り付けた。同容疑者を取り押さえた巡査部長が通行人の男性に110番を依頼し、富山西署員が駆け付けた。

 巡査部長は駐在所で家族と同居しているが、当時、所内にいたのは巡査部長だけで家族は外出していて無事だった。

 現場はJR婦中鵜坂駅から西に約4キロで、畑が広がる一帯に住宅が立つ。近くに北陸自動車道や富山大病院がある。

 富山市では昨年6月26日に富山中央署奥田交番で、所長の男性警部補=警視に昇進=が刺殺されて拳銃を奪われ、直後に近くの市立小で警備員の男性も射殺された事件が発生。県警が強盗殺人容疑などで元自衛官の男(22)を逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ