PR

ニュース 社会

自宅に母親の遺体を放置 死体遺棄容疑で相模原の男逮捕

Messenger

 母親の遺体を自宅に放置したとして、神奈川県警相模原南署は24日、死体遺棄の疑いで、相模原市南区南台の無職、小野猪一郎(いいちろう)容疑者(60)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月中旬ごろから今月23日までの間、母親の無職、綾子さん(84)の遺体を自宅に放置したとしている。

 同署によると、小野容疑者は綾子さんと2人暮らし。遺体は2階建て住宅1階の部屋に敷かれた布団の上に横たわる状態で置かれていた。目立った外傷はないという。

 綾子さんと親交があった同年代の近隣住人から「最近、姿を見ない」と交番に連絡があり、確認したことで事件が発覚した。小野容疑者は取り調べに対し、「母が亡くなったのを知っても、届け出をしませんでした」と供述しているといい、同署は詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ