PR

ニュース 社会

福島の帰還困難区域で空き巣500件 男を書類送検

Messenger

 福島県大熊町で警察官に職務質問された際、刃物を所持していたとして、銃刀法違反罪で起訴された住居不定、無職の風間悟被告(64)=本籍・岐阜県恵那市=が、大熊、双葉町など東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域で空き巣を約500件繰り返したと供述していることが23日、わかった。県警は双葉町の区域内での窃盗容疑などで書類送検し、裏付けを進めている。

 県警捜査3課によると、風間被告は同県楢葉町のJR竜田駅付近の駐車場に車を止め、食料をリュックサックに入れて徒歩で帰還困難区域を移動。侵入した家で寝泊まりしながら2~3週間滞在し、空き巣を続けていたという。こうした窃盗行脚を、平成29年9月ごろから少なくとも4回繰り返していたとみられる。

 書類送検容疑は昨年7月中旬、帰還困難区域の双葉町郡山の民家に侵入、SDカードとボールペン(時価3300円相当)を盗むなどしたとしている。

 昨年10月、空き巣被害の届けが相次いだため、警戒していた警察官が大熊町で風間被告を発見、職務質問した際、脇差しを振り抜いたとして公務執行妨害で逮捕し、銃刀法違反容疑でも再逮捕した。その後の捜査で、双葉、大熊に浪江、富岡の4町での約500件の窃盗などを自供し、県警は裏付け捜査で303件の犯行を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ