PR

ニュース 社会

新宿・歌舞伎町のカラオケ店で拳銃発砲 男性が死亡 暴力団関係者同士のトラブルか

Messenger
現場となったカラオケ店を調べる捜査員ら=21日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)
現場となったカラオケ店を調べる捜査員ら=21日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)

 21日午後6時35分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店から「人が拳銃で撃たれて倒れている」と警視庁新宿署に通報があった。警視庁によると、カラオケ店4階のエレベーター前で60代くらいの男性がうつぶせで倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は男性が指定暴力団住吉会系暴力団の関係者とみて身元確認を進め、殺人容疑で発砲した男の行方を追っている。

 警視庁や捜査関係者によると、現場の状況などから男性はカラオケ店5階の個室内で撃たれた後、男を追いかけて外階段を通って4階に下りたとみられる。3発ほどの発射音があったとの情報があり、5階の個室から銃弾1個が発見された。拳銃は見つかっていない。

 男は50~60代くらいで赤の帽子とジャンパー、青のズボンを着用し、バイクで逃走。関係者によると、2人はいずれも住吉会系暴力団関係者で、交友関係をめぐるトラブルがあったとの情報がある。

 現場はJR新宿駅から北東に約500メートルの繁華街。現場周辺を通りかかった飲食店従業員の女性(21)は「店の外で男性が『早く運んで』と叫んでいた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ