PR

ニュース 社会

パワハラで町課長停職 埼玉・嵐山町、部下3人休職

Messenger

 埼玉県嵐山町は21日、部下3人に暴言を吐くなどのパワハラ行為をしたとして、50代の男性課長を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。部下はいずれもストレスで3カ月間の休職に追い込まれた。

 町によると、課長は昨年6~12月、同じ課に所属する20~40代の男性職員3人に、他の職員の前で「ばか」と暴言を吐いたり、あいさつを無視したりして精神的苦痛を与えた。町の調査に「パワハラとの認識がなかった」という趣旨の説明をしている。

 部下3人はいずれも「上司のパワハラで過度のストレスがかかった」と診断され、3カ月の休職となった。被害に遭った職員から昨年6月に相談があり発覚した。岩沢勝町長は「誠に遺憾。早急に再発防止に取り組む」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ