PR

ニュース 社会

「ホンドテン」いなくなる 動物舎の金網切断され 新潟

Messenger
長岡市立科学博物館の悠久山小動物園で飼育されていたホンドテン(同博物館提供)
長岡市立科学博物館の悠久山小動物園で飼育されていたホンドテン(同博物館提供)

 19日午前9時ごろ、新潟県長岡市御山町の悠久山小動物園で、飼育していたホンドテンの動物舎の金網の一部が切断され、1頭がいなくなっているのを飼育係の職員が発見した。動物園を管理する市立科学博物館は同日、県警長岡署に被害届を提出した。

 ホンドテンはイタチ科の在来種で、人に直接危害を加えるような危険な動物ではないという。

 博物館によると、動物舎は6区画に分けられており、タヌキやリスなどが飼育・展示されているが、ホンドテン1頭が飼われていた区画を覆う金網の一部が1辺約30センチの三角形型に切られていた。動物園の職員が18日午後4時半に閉園前の確認をしたときには動物舎に異常はなかった。近くに監視カメラはなかった。

 いなくなったホンドテンは全長約50センチ。博物館の職員は「冬は毛の色が変わり、かわいくて人気があった」と話している。

 博物館は今後、金網の修理を行うとともに、防犯体制の強化について検討する。動物園は通常通り開園するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ