PR

ニュース 社会

「殴るぞ」女子中学生脅した容疑で会社員逮捕 警視庁

Messenger

 中学生の少女に声をかけ「殴るぞ」などと脅したとして、警視庁は脅迫の容疑で、東京都練馬区中村南の会社員、中島賢吾容疑者(31)を逮捕した。「記憶にない」と容疑を否認している。この事件の現場となった多摩地区では昨年12月以降、小中学生が男に声をかけられ、トイレに連れ込まれそうになる事案が数件相次いでおり、同庁が関連を調べている。

 逮捕容疑は昨年12月1日午前10時ごろ、東京都日野市程久保の多摩都市モノレール程久保駅のホームで女児に「どこの中学」などと声をかけ、嫌がって母親に電話をかけようとした少女を「電話したら殴るぞ」などと脅したとしている。

 中島容疑者はその後も、「どうしたらいいか分かるか」「トイレに行ったら解決する」などと言ってトイレに誘導しようとしたが、少女はその場から逃げて無事だった。警視庁はわいせつ目的だった可能性があるとみて調べている。

 中島容疑者は今月14日、JR中央線の電車内で小学生の女児に「電車を降りてトイレに行こう」などと声をかけて肩をたたいたとして、暴行容疑で現行犯逮捕されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ