PR

ニュース 社会

震災ドラマ主演俳優、井浦新さんが神戸訪問

Messenger
「1・17希望の灯り」の前で、阪神大震災に関する説明を受けるドラマ主演の井浦新さん(左)=神戸市中央区(西山瑞穂撮影)
「1・17希望の灯り」の前で、阪神大震災に関する説明を受けるドラマ主演の井浦新さん(左)=神戸市中央区(西山瑞穂撮影)

 カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995・1・17神戸」が15日午後9時から放送される。平成7年1月の阪神大震災で倒壊した駅を早期復旧させた実話がベース。12日には主演の工事所長役を務めた俳優、井浦新(あらた)さん(44)が神戸市内の震災モニュメントを訪れ、当時に思いをはせた。

 ドラマは、震災で1階が崩落したJR六甲道駅(神戸市灘区)で、高架橋をジャッキで持ち上げる難工事をわずか74日間で成し遂げた建設会社「奥村組」がモデルの物語。工事関係者の思いを描くだけでなく、現在の若者にもその物語を投げかける内容だ。

 井浦さんは12日、同市中央区の東遊園地で、犠牲者名を記した銘板が掲げられている「慰霊と復興のモニュメント」や、全国から集めた種火でともされた「1・17希望の灯(あか)り」を訪問。震災記憶の継承などに取り組むNPO法人の藤本真一代表から説明を受けた。

 その後、取材に応じた井浦さんは「亡くなられた方の名前を見て、どれだけ大きな災害だったのか改めて感じた。撮影の合間には関西出身の共演者の体験を聞き、自分自身も震災を学び直した。ドラマから若い世代こそ何かを感じ取ってほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ