PR

ニュース 社会

刑務官を逮捕 あおり運転→停車、口論し、転倒させる

Messenger

 愛知県警瑞穂署は13日、交通トラブルを巡って口論となった男性のそばで車を急発進してけがを負わせたとして、傷害の疑いで、名古屋刑務所刑務官、内田慶太容疑者(31)=名古屋市瑞穂区汐路町=を逮捕した。

 同署によると、内田容疑者は乗用車で約600メートルにわたり、男性の軽乗用車に後方から急接近するなどのあおり運転をした後、前方に回り込んで男性の車を停車させたという。

 逮捕容疑は12日午後5時15分ごろ、瑞穂区の路上で車を降りて口論となっていた同市天白区の会社員の男性(38)に、車を急発進して転倒させ、右足首を捻挫するけがを負わせたとしている。

 事件後、現場を逃走したが、付近で車に衝突し、駆け付けた署員に逮捕された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ