PR

ニュース 社会

参院候補予定者「お願い」 務台氏、公選法抵触恐れも

Messenger
自民党の務台俊介衆院議員
自民党の務台俊介衆院議員

 自民党の務台俊介衆院議員(比例北陸信越)が10日、長野市で開かれた長野県経営者協会の新春賀詞交歓会で、次期参院選に長野選挙区から立候補を予定する同党の小松裕元衆院議員について「夏の参院選、小松裕をよろしくお願い申し上げます」と、あいさつの中で述べていたことが分かった。務台氏が11日、取材に対し事実関係を認めた。

 公示前に特定の候補者に投票を呼び掛けたと受け取られかねず、選挙の事前運動を禁じた公選法に抵触する恐れもありそうだ。務台氏は取材に「人物を紹介する意図だった。投票を呼び掛けたわけではない。事前運動と受け止められるのならば、今後は言い方に気を付けたい」と話している。総務省選挙課は「個別の事案が公選法に抵触するかどうかを判断する立場にない」としている。

 同協会によると、経営者や与野党の国会議員ら数百人が出席していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ