PR

ニュース 社会

地面師主犯格、比退去へ 11日にも日本移送

Messenger
カミンスカス操容疑者=2018年12月、マニラ(フィリピン入国管理局提供・共同)
カミンスカス操容疑者=2018年12月、マニラ(フィリピン入国管理局提供・共同)

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が架空の取引で地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件で、フィリピン入国管理局は10日、身柄を拘束しているグループの主犯格、カミンスカス操(みさお)容疑者(59)を国外退去処分にすると決定した。11日にも日本に移送し、警視庁が偽造有印私文書行使容疑などで逮捕する。

 捜査関係者によると、カミンスカス容疑者は積水ハウスとの売買交渉に立ち会い、取引を主導したとみられる。これまでに計16人が逮捕されており、警視庁が全容解明を進める。

 入管などによると、カミンスカス容疑者は昨年10月13日に日本を出国。フィリピン国内の歓楽街などに滞在し、同年12月19日に首都マニラの日本大使館に自ら出向き、近くの路上で入管に拘束された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ